壮水之主以制陽光:壮水の主以て陽光を制す

ここでいう「水」は体液である津液を、「光」とは熱エネルギーである陽気を指します。

「壮水(そうすい)」とは津液(しんえき)を滋(ま)すこと、「陽光」とは陽気の亢進を意味し、陰液を補うことで陽気の亢進を抑えることができるという文学的表現です。

津液は有形で目で見ることができる液体で、体表にある皮膚、粘膜から体内にある臓腑や骨髄を潤して、乾燥から防ぐとともに滋養しています。陽気は無形で目で確認はできないものですが、体を温めて体温を調節し、気血の巡りや臓腑の機能を促進して生理機能を維持しています。これらがバランスよく機能することで正常な生命活動を営むことができます。

このバランスが崩れると人体は病を発症します。津液の不足は陽気の亢進を招き、のぼせ、ほてり、微熱、口の乾き、尿量減少などの症状が現れます。一見すると熱症状と判断できますが、実際は余分に熱がある訳ではなく、陽気は正常な状態であるものの津液が不足したために陽亢した状態です。このような場合に熱を冷ますお薬を用いると陽気の損傷を招き、潤い不足だけでなく熱エネルギー不足の症状も引き起こしてしまいます。

夏に猛暑が続くと、暑さや過度の発汗で津液が失われ、乾燥する秋にこのような症状が現れやすくなります。秋が旬の食材の多くは津液を補うはたらきがあります。旬の食材をしっかり摂ることで津液と陽気のバランスを正常に戻すことができます。