【五臓】臓と腑の関係

五臓の特徴でも説明しているように、特定の臓と腑の間には密接な関係があります。これを表裏関係といい、生理活動で協力しあうと同時に、一方の病がもう一方に影響しやすいという特徴があります。

  • 肝と胆
  • 肝以胆為表裏

    消化を助けるため胆から小腸に分泌される精汁すなわち胆汁は肝の余気から作られ、肝の疏泄作用によって分泌の調節が行われます。

    過度の怒りや飲酒で肝の疏泄作用が失調して昇発のバランスが崩れると、胆が分泌する精汁も人体上部に逆流するため、口が苦い、黄色い水液を戻すなどの症状が現れます。ストレスなどで肝の疏泄作用が低下し、精汁の分泌ができなくなるると胸脇部の刺し込みや黄疸が現れます。

  • 心と小腸
  • 心合小腸

    心と小腸は経絡によって連絡しています。小腸は同じく経絡を介して膀胱とも繋がっています。そのため心の熱を尿として膀胱から排泄することができます。

    夏の暑さは心に最も影響しますが、経絡を通して小腸、膀胱と影響することで膀胱炎を発症することがあります。この場合は膀胱の炎症を抑えるだけでは不十分。おおもとの原因である心の熱を冷ますことで膀胱炎の症状を改善することができます。