陰陽自和:陰陽自ずから和す

心身が健康な状態にあるのは、陰陽のバランスが保たれているからです。

いいかえれば陰陽のバランスが崩れると病気になるといえます。

例えば、陰邪に属する寒さが人体に影響すると、陽に属する熱エネルギーを消耗させ、体を温める機能の低下による冷え、冷えによる代謝低下や血行不良などが現れ、冷え性、肩こり、しもやけなどを引き起こします。過度の発汗で陰に属する体液を消耗すると、相対的に陽の割合が大きくなり、ほてりやのぼせなどの熱症状が現れます。

「陰陽自ずから和す」とは、バランスが崩れていた陰陽が、自然と正常なバランスを取り戻し、病気が快方に向かいつつあることを表現したものです。

高熱が出ると、体温上昇によって体液を消耗するため、のどが渇いて冷たいものを大量に欲し、尿量減少、便秘などの症状が現れます。しかし熱が下がってくるとともに、自然とのどの渇きも収まり、大小便の出もよくなります。これは熱つまり陽に偏っていたバランスが正常に戻ろうとしている状態の現れで、回復傾向にあり、予後は良好と推測できます。

発熱が続き、口渇や尿量減少、便秘などがいつまででも続くようなら、自ずから消耗した体液を取り戻し、熱を下げる体力がなく、陰陽のバランスを自力で戻すことができない状態にあることが判ります。放っておくと病気の悪化や新たな病気の原因になるので、陰陽のバランスを正常に戻す治療が必要となります。