病発于陽:病陽に発す

中医学の診断のひとつに、病を陰証(いんしょう)、陽証(ようしょう)という陰陽のグループに分類する方法があります。

慢性疾患あるいは急性期を過ぎた状態である、生理活動に必要なものの不足がある、冷えまたは冷えや寒さによって症状が悪化するという特徴が当てはまるものを陰証といい、急病や急性期の状態である、気候変化や環境の影響、病理産物など人体に不要なものの停滞や蓄積がある、熱症状や温めると症状が悪化するという特徴があるものを陽証といいます。

「病陽に発す」とは、人体の陽気である熱エネルギーやエネルギーに問題があるのではなく、陽証が発病したことを表現しています。

インフルエンザの初期は陽証に当たります。インフルエンザは急性疾患で、その初期は急性期です。中医学的には気候変化が邪気として人体に侵入したことが原因で、余分なものの停滞がある状態です。高熱、熱感を伴うのどの痛み、冷やすと楽になる頭痛、身体痛などの熱に偏った症状が現れます。この場合は発汗によって邪気を取り除き、解熱や熱による症状の改善を行い、陰陽のバランスを調えることで治療します。