【七情】概念と分類

怒・喜・思・憂・悲・恐・驚の7つの感情変化を七情(しちじょう)といいます。

感情変化が正常範囲内であれば発病因子にはなりませんが、以下のような場合は病気の原因になることがあります。また情緒的なものには個人差があるため、便宜上、正常範囲と表現しますが、発病の境界はあいまいです。

  • 突発的
  • 突然の感情の変化は気血や臓腑の機能失調の原因となります。

    恐れるという感情は腎に最も影響します。腎は頭髪と密接な関係があるため、突然の恐怖体験で急激に白髪になることがあります。

  • 過激
  • 感情変化が激烈であるほど、気血や臓腑への影響が大きく、病気を引き起こす原因となります。

    体験したことがないような災害に遭うと、平静にも戻っても不安感や不眠を訴えることがあります。これは一時に集中して恐怖や驚き、不安、悲しみなどの感情を過激に感じたために、神明を主る心の機能が失調したことが原因です。

  • 長期にわたって継続
  • 短期間であれば気にならないほどの感情変化であっても、長期間継続することで病気の原因となります。

    数回なら我慢できるイライラでも、毎日続くことによって大きな怒りに変化し、ストレスで胃潰瘍を発症することがあります。これは肝が怒りを受けて炎上し、その熱によって胃に炎症、糜爛が生じたことが原因です。

七情五臓気機の失調発病機序主な症状
怒傷肝怒則気上肝気は足から頭に向かって流れている。怒りによって肝の疏泄が失調すると、肝気が異常に上昇する顔が赤くなる・目の充血・頭痛・めまい・昏倒・手足が冷たくなるなど
喜傷心喜則気緩心は血脈や神明を主る。心気が緩むと気血の運行が緩慢になり、神明を守れなくなる集中力低下・健忘・失神・狂乱など
思傷脾思則気結思慮が過ぎると脾の運化が失調して鬱滞する食欲不振・お腹の脹り・大便の不調・むくみ・倦怠感・眠気など
悲傷肺悲則気消肺気が消耗すると肺の宣発・粛降作用が失調する呼吸困難・体力や抵抗力の低下・意気消沈など
優傷肺優則気塞肺気が塞がると宣発・粛降作用が失調同上
恐傷腎恐則気下腎には腎精を貯える蔵精作用がある。恐怖によって腎気が下ると腎精が漏れ出る大小便の失禁・遺精・滑精・白髪になる・歯が抜けるなど
驚傷腎驚則気乱神明は腎精より生じる。腎気が乱れると神明が拠り所を失う動揺・パニック・精神錯乱など