陰不抱陽:陰は陽を抱かず

中医学で考える人体の構成成分は、エネルギーや熱エネルギーである陽気と、体液や血液である陰血です。

陽気と陰血すなわち陰陽の交わりによって生命活動が正常になされると考えます。

陰陽どちらかの不足や亢進によってバランスが崩れると、生理機能に異常が出て病気になります。陰陽のバランスが極端に崩れると生命活動が停止します。

熱中症になると、体が熱を持って体温が上昇、発熱や発汗によって陰液を消耗し、陽気の異常亢進と極度の陰液不足に陥ります。このような状態では陰陽は交わることができず、陰陽は分離した状態になります。この状態を「陰が陽を抱かず」と表現しますが、これは危篤の状態を意味します。亢進した陽気は陰液だけでなく陽気自身も炙って損ない、発汗すると陰液とともにエネルギーも体外に漏れ出ます。陰陽が完全に分離すると生命活動を維持することができなくなります。

このような場合は、不足した陰液とともに陽気も補って陰陽が再び交わることができる状態に戻します。陰陽が正常な状態に戻ると健康も回復します。