重陽必陰:陽重ければ必ず陰す

中医学の基礎である陰陽論は、陰と陽、相対する性質の2つのものが平衡を保ちながら絶え間なく変化し、万物を生長、発展させるという理論で、陰陽は互いに対立し、協力し、増減し、変化をしていると考えます。

陰陽の変化とは、文字通り陰が陽に、陽が陰に変化することで、一方が極まった場合に起こる現象を表現したのがこのことばです。

熱中症で高熱、顔色が赤い、大汗、口渇、意識混濁などの症状が見られるのは、熱すなわち陽に偏った状態です。しかし、これを放置すると熱や発汗によって陽気を損ない、顔面蒼白、手足が冷たくなって震えるなど、今度は寒すなわち陰に偏った症状に変化します。このまま治療を行わないと陰陽が失われ、生命活動に終止符が打たれます。

当然、陰に偏った状態から陽に偏った状態に変化することもあります。雪山で遭難すると最初は寒さによって熱エネルギーを消耗し、陰に偏った状態になりますが、凍死しそうな状態では陽に偏るため、暑がって発汗する状態に陥ります。

どちらの状況でも、陰陽両方を補って正常なバランスに戻す治療を行います。