【飲食不節】概念と分類

病因のうちで食餌の不摂生が原因となるものを飲食不節(いんしょくふせつ)といいます。

  • 飢飽失調
  • 食餌の摂取量の過不足。

    1. 過飢(かき)
    2. 食餌の回数や量の不足。

      原料が不足するので気血の生成が低下し、邪気と戦う正気が不足して病気に罹りやすく、治りにくくなります。また各臓腑も気血不足で機能失調を起こすため、体内からも病気を発症しやすくなります。

    3. 過飽(かほう)
    4. 過食。食餌の回数や量が過剰。

      消化不良により、気の停滞や臓腑の機能失調の状態である気滞、水液代謝低下による病理産物の痰飲水湿、熱邪などの蓄積が起こります。に負担が掛かるため脾胃の機能失調も起こります。

  • 飲食偏嗜
  • 偏食。

    1. 生冷過食(せいれいかしょく)
    2. 生もの・冷たいものの過食。

      脾陽を傷つけるため運化が失調して、冷えと湿気が複合した寒湿を生じます。

    3. 辛辣過食(しんらつかしょく)
    4. ホットな辛さのあるものの過食。

      辛辣のものは温熱性で、発散・発汗・代謝促進・血行促進などの性質があるため、津液を消耗させて乾燥、乾燥による発熱、胃腸の熱の蓄積を起こしやすくなります。

    5. 肥疳厚膩過食(ひかんこうじかしょく)
    6. 脂っこいもの・甘いもの・味の濃いものの過食。

      火邪、熱邪、熱と湿気が複合した湿熱、熱と痰が複合した痰熱などを生じます。また消化不良の原因にもなります。

    7. 飲酒過多
    8. アルコールの摂取過多。

      湿熱を生じての機能失調を引き起こします。脾胃の機能失調では気血の生成が低下するため、の血液不足へと発展します。

    9. 五味偏嗜(ごみへんし)
    10. 酸・苦・甘・辛・鹹(かん)の五味の偏食。

      五味作用五臓適度な摂取による反応偏嗜による病理機序と症状
      収斂して必要なものが漏れるのを防ぐ
      収斂して潤いを保つ
      蔵血作用が促進されるため肝血が充実して疏泄作用も促進収斂しすぎることで疏泄作用が低下
      のどの閉塞感・胸や脇の詰まり・お腹の脹り・げっぷ・おなら・ため息・イライラ・怒りっぽい・月経不順など
      熱を冷ましながら湿気を乾かす
      熱を冷まして便通を改善
      心火の亢進を抑制して心の機能を正常に保つ心陽が損傷して心の機能失調や心と腎との交わりが不調となる
      動悸・息切れ・胸苦しさ・むくみ・不眠など
      身体を補う
      緊張や苦痛を緩和する
      運化作用が促進されて気血の生成や水液代謝が活発になる運化が失調して水液代謝低下による湿濁の停滞が起こる
      食欲不振・お腹の脹り・悪心・嘔吐・軟便や下痢・体の重だるさ・むくみなど
      発散、発汗、代謝、血行を促進する宣発作用を促進する津液を発散により消耗
      倦怠感・疲れやすい・息切れ・声嗄れ・空咳・尿量減少・便秘・やる気が出ない・精神抑鬱など
      潤して固まりを砕く
      潤して便通を改善
      主水作用を促進湿濁が停滞して取水作用が失調
      冷え・むくみ・骨や筋肉や血液などの損傷など

  • 飲食不潔
  • 不衛生なもの・腐敗したもの・黴びたもの・汚染されたもの・毒のあるものなどの摂取。

    微生物や寄生虫による感染症、食中毒などによる過度の嘔吐や下痢での機能が損傷したり、正気を損なったりします。