【痰飲】概念と分類

人体局所に停滞した異常な水液痰飲(たんいん)といいます。

痰飲は、七情飲食不節労逸・内生の五邪・加齢・慢性疾患により、主に水液代謝に関連する三焦の機能が失調することで形成されます。痰飲自体が二次的病因として瘀血など別の病の原因にもなります。

内生の五邪についてここでは省略し、別に詳しく説明します。

  • 痰飲の分類
  • 分類特徴停滞部位
    粘稠で混濁臓腑・骨・筋腱・筋肉・皮膚
    比較的希薄胸・脇・胃腸・皮膚

  • 痰の分類
  • 分類特徴停滞部位症状
    有形の痰目視できる湿った咳・多量の痰・喘息・胸苦しさ・胸がすっきりしないなど
    無形の痰目視できない臓腑・経絡・骨・筋腱・筋肉・皮膚心に停滞:動悸・胸苦しさ・胸がすっきりしない・めまい・不眠・意識混濁・うわごと・錯乱など
    胃に停滞:悪心・嘔吐・腹部膨満感など
    経絡・四肢に停滞:中風・半身不随・四肢の麻痺など
    その他:のどの閉塞感・ヒステリー球・腫瘍・高血圧など

  • 飲の分類
  • 分類停滞部位症状
    痰飲(たんいん)※胃腸胃がチャポチャポいう・腸がゴロゴロ鳴る・腹部膨満感・希薄な液体を嘔吐する・食欲不振・手足のむくみなど
    懸飲(けんいん)胸下胸や脇が脹ってすっきりしない・咳をしたり唾を飲み込んだりすると胸や脇が引き攣れて痛むなど
    溢飲(いついん)皮膚体が重く痛む・むくみ・痕がつきやすい・発汗しない・悪寒など
    支飲(しいん)胸・肺咳・喘息・呼吸困難・横になると息ができない・無寝苦しい・のどがゼロゼロいう・希薄な痰がたくさん出るなど

    ※ここでいう痰飲は狭義で、タイトルの痰飲とは異なります。

  • 痰飲水湿の分類
  • 分類特徴症状
    湿水蒸気のように広く霧散して形を成さない
    多くは外湿が原因
    発汗しにくいか発汗しても少量ですっきりしない・体が重だるい・頭や目がはっきりしないなど
    水のように希薄でサラサラした液体
    外湿・水分の過剰摂取が原因
    むくみ・体が重だるい・体が重く傷む・頭や目がはっきりしない・眠気など
    比較的希薄だが水湿より粘稠な液体
    排泄物・浸出物・分泌物がネバネバで汚い
    発汗しにくい・悪寒・体の痛み・むくみ・食欲不振・腹部膨満感・胃がチャポチャポいう・腸がゴロゴロ鳴る・胸や脇が脹ってすっきりしない・咳をしたり唾を飲み込んだりすると胸や脇が引き攣れて痛む・喘息・呼吸困難・横になると息ができない・のどがゼロゼロいう・希薄な痰がたくさん出るなど
    粘稠で混濁したヘドロのような液体
    多くは症状が一定せず重篤
    治療に時間がかかる
    怪病多痰(かいびょうたたん):痰は奇病を引き起こすことが多い
    悪心・嘔吐・みぞおちの痞え・湿った咳・痰が多い・喘息・胸苦しい・動悸・精神混濁・自律神経失調症・神経症・うつ・認知症・てんかん・手足の麻痺・半身不随・中風・腫瘍・ヒステリー球など