陰証似陽:陰証陽に似る

ここでいう陰証(いんしょう)とは虚寒証(きょかんしょう)のことで、熱エネルギー不足により体を温めることができず、冷えや冷えを伴う不調が現れるものをいいます。

陽とは陽証(ようしょう)を指し、陰証とは反対に熱症状が現れるものをいいます。

正反対の病証ですが、陰証なのに表面的には陽証のような熱症状が現れることは、臨床上珍しいことではありません。

食餌の不摂生による熱エネルギーの生成不足や、過労による熱エネルギーの消耗があると、冷え、倦怠感、息切れ、動悸、食欲不振、下痢や軟便が見られ、諸症とも冷えや寒さで悪化します。熱エネルギーは体液や血液とともに全身を巡っていますが、不足することで体液や血液とのバランスが崩れ、人体上部や表面に浮き上がり、熱っぽさや顔がほんのり赤くなるなど一見陽証のような症状が現れます。これを気虚発熱(ききょはつねつ)といいます。

気虚発熱の場合、熱を冷ます治療は御法度です。この場合は、不足した熱エネルギーを補ってあるべき場所に収めることで熱症状は解消されます。

冷え性なのに、疲れて熱っぽいからといって、冷たいものや生ものなど熱エネルギーを損なうものを取ったり、解熱剤を服用したりしないよう注意しましょう。