陽証似陰:陽証陰に似る

ここでいう陽証(ようしょう)とは実熱証(じつねつしょう)のことで、外部の暑さや熱あるいは食餌の不摂生やストレスなどが原因で、体内に不必要な熱の蓄積や停滞が起こり、発熱や熱感を伴う症状が現れるものをいいます。

陰とは陰証(いんしょう)を指し、陽証とは反対に冷えや冷えを伴う症状が現れるものをいいます。

陰証が陽証に似ることがあるように、陽もまた陰証に似た症状を示すことがあります。

一般に、陽証の場合、発熱、暑がり、顔や皮膚の色が赤い、のどが渇いて冷たいものを欲しがる、大汗、尿量が減少し色が濃い、便秘、イライラなどが現れます。しかし、陽証が極限まで進行すると、顔や唇の色が青白い、手足が冷たくなるなど、一見陰証のような症状が見られます。これは熱が体内奥深くで停滞し、体表に到達しないために起こる現象です。

手足が冷たいからといって、ここで温める治療を行うと生命を危険にさらすことになります。熱が体の奥でおにぎりのように凝り固まった熱をゆるめながら取り除く治療が適当です。

現代このような危険な状態になれば、しかるべき医療機関で治療となります。しかし、軽度の場合は自分で対処することができます。例えば、緊張して手足が冷たく、のどがカラカラになった時など。これは緊張によって肝の機能が失調し、気血の巡りが鬱滞するために起こる現象です。この場合、生姜やシナモンなど温熱性のものを取ると逆効果。更にのどが渇き、緊張も悪化してしまいます。ミントや菊花など凉性で発散の性質があるものを取ると、リラックスできるとともに、症状が緩和にも繋がります。