【内生の五邪】概念と分類

陰陽気血臓腑の失調が原因で現れる六淫に似た病理変化内生の五邪(ないせいのごじゃ)といいます。

六淫によく似た特徴がありますが、夏の暑さが原因の暑邪に相当するものはありません。

  • 内風(ないふう)
  • 陽気つまり熱エネルギーの異常亢進を陽亢(ようこう)津液不足を陰虚(いんきょ)といいます。疾病が進展する過程で、陽亢や陰虚により六淫の風邪に似た症状が現れるものを内風といいます。

    めまい・動揺感・震え・しびれ・痙攣・強ばりなどが現れます。

    「諸風掉眩、皆属於肝(しょふうちょうげん、みなかんにぞくす)」といわれ、症状のほとんどがと関係します。

    分類発病因子および時期病理機序主な症状や関連する疾患
    熱極生風
    (ねつきょく
    しょうふう)
    発熱性疾患の最盛期高熱が津液を消耗して筋肉や脈を養えない

    熱性痙攣

    熱中症・破傷風・脳炎など

    肝陽化風
    (かんよう
    かふう)
    陰虚や陽亢体質の人が、意に染まないことや過度の心労を受けた時肝腎陰虚または気の停滞が熱化して陽亢し内風が発生

    めまい・ひどいと倒れそうになる・動揺感や脹りを伴う頭痛・のどで痰がゼロゼロいう・吃音・言葉がスムーズに出てこない・身体の強ばり・口や目が引き攣れる・引きつけ・痺れ・歩行困難・半身不随・卒倒・意識混濁など

    メニエール病・高血圧・脳卒中・更年期障害など

    陰虚内風
    (いんきょ
    ないふう)
    発熱性消耗疾患の回復期
    慢性疾患
    津液の消耗により筋肉や脈が養えない

    口やのどの乾燥・頬が赤い・手足のほてり・微熱・寝汗・体が痩せるなどの陰虚症状

    手足のムズムズ感・めまい・耳鳴り・運動障害など内風の症状

    運動中の痙攣・メニエール病・アトピー性皮膚炎・老人性皮膚掻痒症・パーキンソン病など

    血虚生風
    (けっきょ
    しょうふう)
    失血過多
    気血の生成不足
    慢性疾患による血の消耗
    肝血不足により腱・筋膜・脈などが養えず、乾燥して皮膚が養えない

    顔色が白っぽいか黄色くくすむ・髪や爪の乾燥・光が眩しい・目の前がチカチカする・月経周期が長い・経血の量が少ない・経血の色が薄いなど血液不足の症状

    めまい・耳鳴り・手足の震え・筋肉がピクピクする・痺れなど内風の症状

    運動中の痙攣・月経中または月経後の不調・メニエール病・アトピー性皮膚炎・パーキンソン病など

  • 内寒(ないかん)
  • 外感寒邪や冷たいものや生ものの過食による損傷飲食不節先天の精が不足した稟賦不足(りんぶぶそく)・加齢・慢性疾患による生成不足が原因で陽気が不足し、温煦作用気化作用の衰退が現れるものを内寒といいます。

    寒邪と同じく冷え・収引・凝滞が主症状となります。

    心・脾・肺の病として現れます。

    分類病理機序主な症状や関連する疾患
    上焦陽虚(じょうしょうようきょ)
    心陽虚証(しんようきょしょう)
    心の陽気不足により気血の巡りが停滞

    動悸・胸苦しさ・息切れ・顔色が白いか青紫

    各種心臓疾患・自律神経失調症・過換気症候群・パニック障害など

    中焦虚寒(ちゅうしょうきょかん)
    脾陽虚証(ひようきょしょう)
    脾の陽気不足により運化作用が低下、胃の腐熟も低下して消化不良が、また四肢末端まで陽気が到達できないために、冷えが停滞して機能失調が発生

    食欲不振・少食・腹部膨満感・味がしない・のどか乾かず水分を摂りたくない・なんとなく腹痛があって温めたり、手を当てたりすると気持ちがいい・軟便・下痢・尿量減少・むくみ・体が冷えて寒さを厭う・手足の冷え・表情に精彩がない・白くてサラサラのおりものが多いなど

    機能性ディスペプシア・慢性胃炎・慢性腸炎・消化性潰瘍・胃下垂・慢性腎炎など

    下焦虚寒(げしょうきょかん)
    腎陽虚証(じんようきょしょう)
    腎の陽気不足により腎の生理機能が失調

    顔色が白い・気力低下・足腰が冷えて痛む・全身の冷え・体力低下・水様便・未消化便・早朝の下痢・頻尿で色が薄く一回量が多い・排尿困難・夜間頻尿・白くてサラサラのおりものが多い・精力減退・子宮や性巣の冷え・勃起不全・瘡癆など

    頻尿・夜間頻尿・夜尿症・慢性腎炎・糖尿病・甲状腺機能低下・高血圧・慢性気管支炎・喘息・心臓疾患・自律神経失調症・ED・不妊など

  • 内湿(ないしつ)
  • 主に生冷・肥甘厚膩・水分の過剰摂取などの飲食不節が原因で、脾の運化作用が低下して痰濁が停滞し、湿邪に似た症状が現れるものを内湿といいます。

    重くて汚く粘ってしつこいのが特徴です。

    内湿と外湿(外感湿邪)は互いに影響します。

    顔色が黄色い・頭重・体の重だるさ・むくみ・胸苦しさ・食欲不振・悪心・嘔吐・口の粘り・腹部膨満感・軟便・下痢・排尿困難・おりものなどが現れます。

    分類病理機序主な症状や関連する疾患
    寒湿(かんしつ)生冷過食や外湿による脾の運化水液の失調
    虚寒体質で湿邪が停滞

    体が冷えて縮こまる・尿の色が薄く量が多い・水様便など

    急性胃腸炎・慢性胃腸炎・消化性潰瘍・慢性の下痢・慢性肝炎・肝硬変による腹水・膀胱炎・慢性腎炎など

    湿熱(しつねつ)肥甘厚膩過食により湿熱が発生
    熱に偏った陽盛体質で湿邪が停滞

    体の重だるさ・体の芯に熱が籠もって体が蒸し熱い・発汗しても熱が冷めない・腹部膨満感があってなんとなく痛む・食欲不振・悪心・嘔吐・口が苦い・口が粘る・のどが渇くが水分は取りたくない・下痢や軟便だがすっきり出ない・尿の色が濃くて量が少ない・皮膚や白眼が黄色い・かゆみ・黄色くて臭いのある粘った分泌物・目脂・黄色いおりものなど

    慢性胃腸炎・細菌性の下痢・急性肝炎・慢性肝炎・肝硬変による腹水・膀胱炎・慢性腎炎・中耳炎・外耳炎・結膜炎・麦粒腫・アトピー性皮膚炎・脂肪腫・粉瘤など

  • 内燥(ないそう)
  • 暑さ・発熱性消耗疾患・過度の発汗・嘔吐・下痢、失血過多、加齢、慢性疾患などが原因で津液を消耗し、燥邪に似た症状が現れるものを内燥といいます。

    乾燥して滑らかさがなくなるのが特徴です。

    口やのどの乾燥・のどの乾き・唇の乾燥やひび割れ・空咳・目が落ちくぼむ・皮膚が乾燥してツヤがなくなる・尿量減少・大便の乾燥などが現れます。

    ドライアイ・ドライマウス・ドライシンドローム・脱水症状・糖尿病・アトピー性皮膚炎・老人性乾皮症・老人性皮膚掻痒症・シェーングレン症候群などの疾患の原因となります。

  • 内熱(ないねつ)
  • 臓腑の失調、陽亢、病理産物や精神刺激が熱化することが原因で、熱邪・火邪に似た症状が現れるもの内熱といいます。

    一般に内火(ないか)とは表現しませんが、余分な熱が生じた実火(じっか)陰虚が原因の虚火(きょか)に分類されます。

    内熱病理機序主な症状分類
    実火臓腑の熱や鬱滞による熱化によって火熱が亢進のどが渇き冷たいものをゴクゴク飲みたい・目の充血・のどの炎症・歯肉の腫れや痛み・口内炎・口が苦い・尿の色が濃い・大便の乾燥・胸騒ぎがして落ち着かない・イライラなど陽盛化火(ようせいかか):
    陽気あるいは風邪・暑邪・熱邪・火邪などの陽邪の異常亢進
    邪鬱化火(じゃうつかか):痰飲瘀血・消化不良・便秘・寄生虫の停滞が熱化
    五志化火(ごしかか):過度や長期にわたる情志変化や精神刺激によりが鬱滞して熱化
    虚火陰虚により陽気を抑制できず見かけ上熱が亢進頬が赤い・手足のほてり・のぼせ・微熱っぽさ・微熱・めまい・耳鳴り・寝汗・不眠・胸騒ぎがして落ち着かない・夜間に症状が悪化陰虚内熱:津液不足による陽亢