【陰陽】概念

下の図を太極図(たいきょくず)といい、宇宙の陰陽を具象化したものです。2Dで表現されますが、本来は3Dで球形をしています。

taijitu.pngのサムネイル画像万物は陰と陽の相反するものによって成り立ち、どちらか一方に偏り過ぎるともう一方を否定することを意味し、陰陽の分離や一方の消滅は生命や自然界の消滅を意味します。

自然界が陰に偏れば氷河期となり、陽に偏れば干ばつになります。人体の陰陽がバランスを失えば病気になり、陰陽が分離すれば生命活動は停止します。

陰陽はTPO、シチュエーションによって変化します。

自然界

人体

下半身右半身体内五臓心陰
上半身左半身体表六腑心陽

古典では、静かなる陰は陽を鎮守し、活動的な陽は陰の使役と表現されています。たとえば津液によって陽気は鎮静され、陽気はに載って全身に運搬され、体を温め、体温を維持することができます。

yy_sjcr.jpg陰陽がバランスを保ちながら絶えず変化することで、万物は生長、発展を遂げています。

天から雨が下降して地に降り、地から水蒸気が天に上昇することで、また雨が降り、天も地も潤います。表裏関係にある脾胃は、脾が昇清を主り、胃は和降を主ります。太陰脾経は足から手に向かって上昇し、陽明胃経は目から足に向かって下降し、気が絶え間なく流れ、生命活動を維持しています。