【五行】概念

自然界や人体の事象を自然界にある木・火・土・金・水という5種類の物質と類似したものごとに分類し、その発展規律や運動形態を理解しようとする方法論を五行論といいます。

自然界や人体を五行に分類したものを五行の色体表(しきたいひょう)といいます。

 五行の色体表
自然界五方西
五味
(塩辛い)
五色
五化
五季盛夏長夏(土用)
五気熱・暑湿
五臭
(ムカムカするにおい)

(生臭いにおい)
五畜
五穀
(もちきび)

(うるちきび)
五菜
(らっきょう)

(ふゆあおい)

(豆の葉)
五果
人体五臓心・心包
六腑小腸・三焦大腸膀胱
五官
二陰(生殖器・尿道・肛門)
五体肉(四肢)皮毛
五華面(かお)皮毛
五志悲・憂恐・驚
五液
(よだれ)

(はなみず)
五声
(息をつく)
五音
※西洋音階のミ
徴(ち)
※ソ

※ド

※レ
羽(う)
※ラ
五動
(昏厥)

(しゃっくり
えずき)