陰陽五行論

陰陽論(いんようろん)、五行論(ごぎょうろん)とは中国古代哲学の理論で、宇宙観、世界観を示したものです。

中医学においては生理・病理・診断・治療など全てに一貫した基本思想となります。

ここではそれぞれについて基本的なことを簡単に説明してゆきます。

【五行】相生・相剋の関係

五行の各エレメントの間には、相生(そうせい)および相剋(そうこく)という関係があります。

【五行】水の特徴

瀧の水が落ちるように上から下に流れ冷たく潤すのが水の特徴です。

【五行】金の特徴

澄んで美しい音がする金属は、粛正や滅殺する刃物に変化します。貴金属には人々が集まりますが、刃物はものを切り分けることができるように、集めて分けるのが金の特徴です。

【五行】土の特徴

万物が大地の上に生じ、大地に育まれ、次の世代へ受け継がれるように、土の特徴は母なる大地に集約されます。

【五行】火の特徴

炎が赤く光って熱く燃え上がるように旺盛上昇し、生卵が目玉焼きになるようにものごとを変化させるのが火の特徴です。

【五行】木の特徴

木々が幹や枝を上や外に向かって伸ばすようにのびのびした状態を好み、木々の葉が風にそよぐようによく動き変化に富むのが木の特徴です。

【五行】概念

自然界や人体の事象を自然界にある木・火・土・金・水という5種類の物質と類似したものごとに分類し、その発展規律や運動形態を理解しようとする方法論を五行論といいます。

【陰陽】特徴

陰陽は単に両極の存在ではなく、互いに影響を及ぼしながら存在します。

【陰陽】概念

下の図を太極図(たいきょくず)といい、宇宙の陰陽を具象化したものです。2Dで表現されますが、本来は3Dで球形をしています。