陰陽五行論

陰陽論(いんようろん)、五行論(ごぎょうろん)とは中国古代哲学の理論で、宇宙観、世界観を示したものです。

中医学においては生理・病理・診断・治療など全てに一貫した基本思想となります。

ここではそれぞれについて基本的なことを簡単に説明してゆきます。

【陰陽】特徴

陰陽は単に両極の存在ではなく、互いに影響を及ぼしながら存在します。

【陰陽】概念

下の図を太極図(たいきょくず)といい、宇宙の陰陽を具象化したものです。2Dで表現されますが、本来は3Dで球形をしています。